顔の体操でシワを改善

顔や首にシワがあることによって、実際の年齢より老けて見えてしまうのは損ですよね。
意識している人は少ないかもしれませんが、首のシワによってできる線が多いと老化が目立つとも言われています。
私自身もほうれい線が気になるようになってきましたし、首に1本太い溝のようなシワができてしまい悩んでいます。

なぜシワができるのでしょうか。
原因の1つとして、表情や姿勢が固定されるために肌が形状記憶されてしまうというものがあります。
例えば、近年スマートフォンが普及していますが、長時間うつむいて操作していると二重顎の状態や、頬のたれによるほうれい線の形状記憶がされてしまうそうです。
また本を読んだり、デスクワークでずっと下を向いていることが多い方は気をつけなければなりません。

対策としては、定期的に顔をあげてシワになりそうな部分を伸ばしてあげることが挙げられます。
頬を膨らませる、口を閉じて深呼吸する、手で軽くマッサージするなどして形をほぐしましょう。

おすすめなのは顔の体操です。
下を向く作業をしない方でも、例えば眉間にシワを寄せる癖があったり、口角を下げたままでいるなど、表情を固定していることでシワの原因になります。
ですから、お風呂に浸かっている時などに顔を思いっきり動かして顔の筋肉を柔軟にしましょう。
目、鼻、口を大きく開いたり、その逆で顔の中心にぎゅっと力をいれたりをゆっくり繰り返してください。やりすぎは逆効果ですので1日1回、5分以内で大丈夫です。

ちょっとした工夫ですが、日々の積み重ねですから意識して生活するように心がけることが大切ですね。