毎日のハンドケアで綺麗な指先を保つ

顔のスキンケアは、高価な物やお気に入りの化粧品を使ったりなどして、毎日のケアを抜かりなくおこなっているかと思いますが、手のケアはどうでしょうか。

手は、非常に年齢の出やすいパーツであるにも関わらず、酷使することが多い上にあまり日常的にケアをおこなわないという方が多いかもしれません。

冬場にもなると、粉をふいたり、あかぎれ、二枚爪、ささくれなどの皮膚だけではなく爪のトラブルも増えてきます。

また、夏場になれば紫外線の影響により、日焼けやシミ、シワなども避けられません。
年間を通して、こういったことの積み重ねで手にはダメージが蓄積されているのです。

ですので、顔と同じように手のケアも毎日しっかり取り入れていかなくてはいけません。
せっかく若々しく美肌を保っていても、手を見たら実年齢以上に老けた印象ではとてもガッカリしてしまいます。

ケア方法は、普段スキンケアに使っている化粧水を手につけてから、保湿力の高いハンドクリームでマッサージするように馴染ませて、手袋をして眠ることです。

就寝中にじっくり手を補修してキメをふっくら整えてくれます。
また、市販でも手専用のパックなども売られていますので、週に1~2回を目安に取り入れてみると良いと思います。

そして、おでかけの際には必ず手にも日焼け止めを塗ったりUV効果のある手袋やアームカバーをつけることです。
紫外線をしっかりカットするだけでも、肌の老化防止は期待できるのです。

綺麗な指先でいることで、ネイルやアクセサリーもより一層映えて、楽しめると思います。
是非、毎日のハンドケアを習慣にしてほしいと思います。