ニキビに危険な食品と改善させる食品

お化粧をして数時間たつとおでこと鼻のあたりからてかってきたり、べたべたしていませんか?にきびに悩んでいませんか?
今回は、そういった悩みを体の中から解決する方法を紹介したいと思います。

まず、なぜ顔がベタベタしたりニキビができるのか?
それは体が、体内の余分な毒素を外に出そうとする力が働いているからです。

本来便や尿、汗などで毒素を排出しますが、運動不足や便秘、食生活の乱れが起こると体に多くの毒素を溜めこんだ状態になります。

それでも体はきれいな状態を保とうと、一生懸命外に押し出します。
毛穴が広がるのもその一つです。そこにコンシーラーやファンデーションなどを塗りたくるとうまく毒素は外に出られません。

人間の体は食べたもので出来ています。
またそこから得たエネルギーは、運動により消費され、余分なものは脂肪へと変わってしまうので食事と運動が人間の体を作り上げると言っても過言ではありません。

では具体的にはどのように改善すればいいのか。

まずは食生活についてです。
食事の上で避けた方が良いのは、小麦粉製品、砂糖、高脂質の食べ物、市販の加工食品です。

小麦粉製品はほとんどバターや砂糖とともに作られます。砂糖は食欲を増進させるだけでなく、自律神経を狂わせたり急激に血糖値を上げる恐ろしい食品です。

黒砂糖であろうが白砂糖であろうがどちらも体には毒でしかありません。ビタミンミネラルが含まれているかどうかの違いで根本的には同じです。

また加工品に含まれる添加物も危険な毒素で、体内の脂肪細胞に蓄積する働きがあり、なかなか痩せれませんしうまく排出もできません。ちなみに乳製品も避けてください。

お勧めたい食品は野菜、米、雑穀、玄米や旬の食べ物です。
お肉も食べても構いませんが、魚や卵、大豆製品の方がお勧めです。

運動は筋肉をつけたり、少しでも歩く努力をし、血液をスムーズにめぐらせましょう。そしてお風呂に入ることも効果的です。

これらを続けると、毛穴は小さくなり、にきびもなくなります。顔の毛穴も目立たなくなるでしょう。
そしてきめ細かい肌に変わっていくことが実感できると思います。
きめが粗いと光が乱反射を起こし、肌が年老いて見えます。老けている人ってほとんどお肌のきめが粗いです。

体はとても正直です。毎日の努力が、肌だけでなく健康にも効果があるはずです。

ニキビ改善には洗顔も大切

ニキビを治すには食品に気をつけることと、洗顔があげられます。
皮脂のつまりを取り除こうと、石鹸でごしごしと力強く洗っていませんか?

力強く洗顔するとニキビ肌を刺激して逆に悪化させる恐れがあります。
できるだけ洗顔料を泡立てて、その泡だけで洗うことが大切。

ニキビに効果的な洗顔料は、どれだけ泡立ちがいいかということと、ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸や保湿効果が高い美容成分が入っているからなどが挙げられます。

どのような洗顔料がいいのかわからないならば、ニキビ専用の洗顔料を使えば問題ないでしょう。
ニキビに効く効果的な洗顔料は、ニキビ洗顔ランキング 効果ある洗顔料はこれ!を参考にして下さい。

ニキビは食生活や洗顔など日常的な改善で、予防や解消ができます。
治ることを待っていては、悪化や再発につながりますので、日々のスキンケアを怠らないように努力しましょう。

浸透力が高い美容液

20代の頃は、適当に化粧水をバシャバシャと付けていれば、それなりにお肌の内部に浸透していた気がしました。
というか、ベタ付くのが嫌で保湿とかあまり意識をしていなかったのでいつもいい加減なスキンケア法でした。

でも30代を過ぎてからは受け入れたくないですが、どうも今まで通りのいい加減なスキンケアだけでは、お肌の内部に浸透しにくくなったと実感しました。

お肌にあまりベタベタ付けたくない私は美容液を使用する習慣がありませんでしたが、これでは化粧水の無駄になってしまうだけだと思ったので、化粧水の前に使用する導入美容液を購入しました。

初めての美容液はトワニーのタイムリフレッシャ―にしました。
美容液の中でもかなり有名らしく、ちょっと気になっていました。実際に使用すると、これだけ賞賛されている意味が分かりました。

ほんのちょっと付けるだけで、お肌が柔らかくなって解れていく感じがして、化粧水の浸透力が上がった気がします。付ける前に比べて、お肌がふっくらともっちりとしたのです。
そして何より優しい香りがするので、使うのが楽しみです。

美容液に目覚めた私は、トワニーを使い切った所で、せっかくの機会だから色々試そうと思いました。
美容液ではありませんが、アルビオンのエクサージュという乳液ですが、なんと導入美容液の役割をしてくれるという事で試しました。

乳液というより、美容クリームの感覚でサラッとしたテクスチャーでやっぱり化粧水の水分がどんどんお肌の内部に吸収されて、美容液よりもコスパが良いのでハマってます。

毛穴を引き締めるワイルドローズモイスチャークリーム

20代の頃から毛穴の開きが気になっていた私ですが、これまで毛穴対策をあまりやったことがありませんでした。
寧ろ、20代の頃は様々な化粧品を使いすぎて、余計に肌を痛めていたような気がします。

毛穴は開いたままで、そこに落とし切れていない化粧品が詰まり、吹き出物になることもよくありました。
30代に入ると、自分のスキンケアを見直すようになり、これまで見逃していた毛穴ケアをしたいと思うようになりました。

そんな時、ドイツ人の友人に勧められたのが、WELEDAのワイルドローズモイスチャークリームでした。
WELEDAはスイス発オーガニックコスメのブランドで、ヨーロッパ人女性の多くがこのブランドの商品を愛用しているそうです。

私は妊娠中、妊娠線対策にこのブランドのマザーズボディオイルを使っていたので、WELEDAのことは知っていましたが、ワイルドローズモイスチャークリームのことは知りませんでした。

ワイルドローズとは野ばらのことで、そこから作られるクリームにはビタミンCや必須脂肪酸が豊富と言われています。
勧められるがままにこのクリームを使ってみたところ、香りがよく、塗り心地も最高で、肌にスーッとなじみました。

3か月ほど使い続けていますが、毛穴が引き締まってきたような感じがします。
これまでファンデーションを塗っても毛穴のところだけがボツボツと浮き出てしまっていましたが、
このクリームを使い続けてからというもの、ファンデーションの後の肌にボツボツは一切見られなくなりました。
これからも使い続けていきたいと思えるクリームです。

毎日のハンドケアで綺麗な指先を保つ

顔のスキンケアは、高価な物やお気に入りの化粧品を使ったりなどして、毎日のケアを抜かりなくおこなっているかと思いますが、手のケアはどうでしょうか。

手は、非常に年齢の出やすいパーツであるにも関わらず、酷使することが多い上にあまり日常的にケアをおこなわないという方が多いかもしれません。

冬場にもなると、粉をふいたり、あかぎれ、二枚爪、ささくれなどの皮膚だけではなく爪のトラブルも増えてきます。

また、夏場になれば紫外線の影響により、日焼けやシミ、シワなども避けられません。
年間を通して、こういったことの積み重ねで手にはダメージが蓄積されているのです。

ですので、顔と同じように手のケアも毎日しっかり取り入れていかなくてはいけません。
せっかく若々しく美肌を保っていても、手を見たら実年齢以上に老けた印象ではとてもガッカリしてしまいます。

ケア方法は、普段スキンケアに使っている化粧水を手につけてから、保湿力の高いハンドクリームでマッサージするように馴染ませて、手袋をして眠ることです。

就寝中にじっくり手を補修してキメをふっくら整えてくれます。
また、市販でも手専用のパックなども売られていますので、週に1~2回を目安に取り入れてみると良いと思います。

そして、おでかけの際には必ず手にも日焼け止めを塗ったりUV効果のある手袋やアームカバーをつけることです。
紫外線をしっかりカットするだけでも、肌の老化防止は期待できるのです。

綺麗な指先でいることで、ネイルやアクセサリーもより一層映えて、楽しめると思います。
是非、毎日のハンドケアを習慣にしてほしいと思います。

毛穴を目立たなくする化粧品

私は、少し脂性の肌質なのでとても毛穴の開きが気になります。
季節により、ファンデーションの付け方を変えています。
もちろん冬の方が、夏より毛穴が目立たないので、手入れが少し楽になります。

まず朝起きて化粧水をつけるところから始まります。
随時化粧水は、冷蔵庫の中に入っているので、化粧水の冷たさで、毛穴を少しでも小さくすることができます。
乳液は、冬はつけますが、夏はつけません。

夏つけると化粧崩れが、なんだか私の場合ひどくなるからです。
人それぞれだとは思いますが。ファンデーションも、肌に良いと言われる、ミネラルファンデーションを使っています。

これは化粧筆で、つけるので、厚化粧になりません。
以前は、毛穴が気になり厚化粧になり、それが崩れた時に、毛穴の中に、ファンデーションが入って、帰宅してから毛穴が目立つなーと思って、ファンデーションや、パフもう変えることにしました。

化粧筆で、ファンデーションを叩いたらとても自然な感じになり、初めは少し物足りないなーっていう感じだったけれど、だんだんと慣れてきました。

また、友達も私の毛穴が目立たなくなったことに気づいてもらえました。とても自然な感じで、いいわって言われました。

そういった化粧品の事を今使っているということを伝えたら、その友達もミネラルファンデーションに変更したみたいです。

私から見ても、とても自然な感じで、そんなに目立つ毛穴ではなかった友達だけれど、以前より断然きれいに見えました。

その他にも毛穴の目立たなくさせるというか、もう隠しているのではないかっていう程の化粧品を発見したのです。それが毛穴隠す化粧品シルキーカバーオイルブロックです。

シルキーカバーオイルブロックは、化粧下地なのですがサッと顔に塗るだけで、毛穴の開きや黒ずみを隠してくれます。

友人がたまたま使用していた化粧品で、試しに私も使ってみたらすごく効果があって驚きました。なぜその友人がキメ細かい肌だったのか今更理解することができたのです。

女性にとって毛穴の開きや黒ずみって本当に悩むと思います。しかし今では市販でもかなり毛穴を隠せる化粧品が販売されているので、そういった商品を探してみてはいかがでしょうか。

つけまつ毛が苦手という方には「まつ毛パーマ」

最近、大人の女性でもかなりの確率で「つけまつ毛」をつけていますよね。

私も一応、つけまつ毛にチャレンジはしてみたんですが・・・恐ろしいほどに不器用で。
すごく頑張って「きれいにつけることができた!」と思っても、しばらくすると浮いてきちゃったりして。何度も練習したんですけど、結局はつけまつ毛を使いこなすことができませんでした。

安いからダメなのか、と思って、高いものも試したんですけどね。
つけまつ毛のせいではなく、私の技術の問題だったようで・・・全然ダメでした。

つけまつ毛はダメだったものの、目はパッチリ見せたいという気持ちはなくならず、
まず最初にチャレンジしたもの、それは「まつ毛パーマ」でした。

根元からくるんと上がれば、パッチリした目になるかな?って思ったんです。
初めてまつ毛パーマをかけた時は、もうまぶたがプルプルしてしまうくらい緊張して(笑)。

これもダメかも、って弱気になったんですけど、
仕上がりを見たら、かなりハマってしまいました。

今まで自分でビューラーで頑張って上げていたつもりだったんですが、その仕上がりとは全然違っていて。ビックリするくらい目がパッチリ、になったんです。

まつ毛が傷まないように、まつ毛のケアをしないといけないのが少し面倒ですが、まつ毛パーマをかけてからマスカラをつけると、つけまつ毛より自然なのにものすごく目がパッチリして。
まるで自分の目じゃないみたいで・・・ホント、感動しちゃうレベルなんです。

つけまつ毛は苦手という方に、ぜひ!まつ毛パーマをオススメしたいです。

ココナッツパワーで美容効果

私は美意識を高めよう、健康で居ようと思い普段からココナッツを取り入れる生活をしています。
それまでは、一般的な家庭でも使われる美容液なんかを使ってましたけどココナッツはスゴイんです(笑

以前、ハワイ旅行に行った際に出会いました。
元々、オイルエステが好きで月に数回は通ってた私。
宿泊先のホテルにオプションで付いてたマッサージ。
旅の疲れもあるから、ちょうどいいわね!と思ってエステしてもらいました。

そのエステが気持ち良くって良くって(笑)
ハワイって環境もあったのかもしれないけれどそのエステで使ってたオイルがココナッツオイルだったのです。
エステしてくれた女性の方も日本語が話せる現地の方で話が弾みましたし、ココナッツオイルの素晴らしさを私に説いてくれました。
もう虜です(笑

詳しくその女性が教えてくれたので、毎日ココナッツオイルを取り入れてます。
ダイエット、ヘアケア、ボディーケアなんかにも使えます。
万能です。本当に。

でも、気をつけないといけないことがあります。
日本の雑誌やTVでも話題なココナッツオイル。
いくつもメーカーや種類があるんですが、使うのは絶対に「ヴァージンココナッツオイル」です。ここは注意です!
普通のココナッツオイルとは別物なのです。ヴァージンは!

具体的に私が行っている方法は、紅茶や緑茶、暖かい飲み物に大さじ1杯のオイルを入れます。
オイルを入れている時がなんとも楽しいです。
オイルを入れたドリンクは、リップケアにもなるしダイエットにも効果的!

食べ物なんかは、食パンにバターとオイルを塗る食べ方やココナッツオイル焼きりんごヴァージンオイルを使った揚げ物はヘルシーです。

エステ、セルフマッサージでオイルはもちろん使用しますし、ヘッドマッサージにもリラックス効果があって汗や痒みを予防してくれるんです。

お風呂上がりのヘアパックとしてオイルを髪に浸けておくのにもはまってます。
みなさんもぜひ「ヴァージンココナッツオイル」を試して下さいね!

顔の体操でシワを改善

顔や首にシワがあることによって、実際の年齢より老けて見えてしまうのは損ですよね。
意識している人は少ないかもしれませんが、首のシワによってできる線が多いと老化が目立つとも言われています。
私自身もほうれい線が気になるようになってきましたし、首に1本太い溝のようなシワができてしまい悩んでいます。

なぜシワができるのでしょうか。
原因の1つとして、表情や姿勢が固定されるために肌が形状記憶されてしまうというものがあります。
例えば、近年スマートフォンが普及していますが、長時間うつむいて操作していると二重顎の状態や、頬のたれによるほうれい線の形状記憶がされてしまうそうです。
また本を読んだり、デスクワークでずっと下を向いていることが多い方は気をつけなければなりません。

対策としては、定期的に顔をあげてシワになりそうな部分を伸ばしてあげることが挙げられます。
頬を膨らませる、口を閉じて深呼吸する、手で軽くマッサージするなどして形をほぐしましょう。

おすすめなのは顔の体操です。
下を向く作業をしない方でも、例えば眉間にシワを寄せる癖があったり、口角を下げたままでいるなど、表情を固定していることでシワの原因になります。
ですから、お風呂に浸かっている時などに顔を思いっきり動かして顔の筋肉を柔軟にしましょう。
目、鼻、口を大きく開いたり、その逆で顔の中心にぎゅっと力をいれたりをゆっくり繰り返してください。やりすぎは逆効果ですので1日1回、5分以内で大丈夫です。

ちょっとした工夫ですが、日々の積み重ねですから意識して生活するように心がけることが大切ですね。

30歳から美容を極めて肌美人に

もうすぐで30歳になる女です。
二十代後半になると段々と肌の回復やしみ、
ダイエットの効果の薄れに悩まされるようになるよ?なんて、20歳頃、周りの大人に言われてて、そんなのへっちゃらだし!
なんて当時はかなり軽く考えていましたが、この歳になって今それを痛感しております。

やはり本当でした。髪の毛はすこし細くなり、はだのピチピチ感はなくなり、ダイエットしても効果が軽減。
美容なんて諦めたらいいのかなぁ?なんて思いますが、周りを見渡せばやっぱり美容に気を使っている大人女子はキラキラしてて、

本当に綺麗!やっぱり心を保つためにも自分も綺麗になる努力を怠らないようにしないとな、と思い直し、ある日を境に私自身少しづつではありますが自身を気遣い、綺麗になる気持ちを大切にするように変わっていきました。

もちろん高いお金をかけるとそれなりの効果は出るでしょう。
でも、常日頃からのちょっとした自分への気遣いが、綺麗な自分を保つためにも必要不可欠なんだな。と感じてから、変われるようにな新鮮な野菜や果物は肌を輝かせるし、ただしい洗顔、肌ケアはやはり効果的です。

小まめに鏡で全身チェックすることや、上質なな睡眠をとることでもやはり全然違います。
それから心を磨くことも大切です。友達や恋人との楽しく過ごす、を心がけることは自分のイキイキした姿を映し出します。

本を読んで知識を得ることも大切。ニュースを見て自分なりに色々考える時間も自分を育てます。
全てにおいてポジティブに。悩みができてもポジティブに。後ろ向きな考え方は老いを招きますのでダメですね。